シャンプーに配合されている界面活性剤とは?

界面活性剤という言葉聞いたことありませんか?

シャンプーをはじめとする洗浄系の化粧品には必ず配合されています。
というよりも、界面活性剤が配合されていなければ、そもそもシャワーだけで髪や頭皮を洗えばよいということになります。

このシャンプーに配合されている界面活性剤についてみていきたいと思います。

界面活性剤の役割とは?

シャンプーには必ず配合されている界面活性剤ですが、その配合目的はなんでしょうか?

それは、皮脂汚れを落とすために配合されています。

水と油は溶けあわないということは多くの方が知っていることだと思いますが、
皮脂は油です。シャワーで洗っても洗い流せません。

この皮脂汚れをシャワーの際に落とすことができるようにシャンプーには界面活性剤が配合されています。

合成?天然?界面活性剤の種類について

たまに界面活性剤が配合されているシャンプーはダメ!ということを見かけますが、
界面活性剤が配合されていないシャンプーはシャンプーとしての機能を果たしません。

また、界面活性剤がダメで石鹸が良いということも見かけますが、
石鹸も界面活性剤です。

それをいうなら合成界面活性剤と比較すべきですね。

多くのシャンプーに配合されている界面活性剤は合成界面活性剤です。

ラウリル硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、デシルグルコシド、ココイルメチルタウリンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、etc.

これらは全て合成界面活性剤です。

そして、よく比較で出されるのが石鹸です。

そして、天然の界面活性剤というものもあります。
それが、レシチンです。

レシチンは卵黄に含まれています。
卵黄レシチンと呼ばれすが、大豆に含まれてる大豆レシチンなどもあります。

こういったレシチンなどは自然界に存在している界面活性剤なので、天然界面活性剤と呼ばれています。

自然界に存在せず、人工に作りだされた界面活性剤である合成界面活性剤が悪者扱いされる傾向がありますが、合成界面活性剤も種類によっては頭皮や髪に優しく、潤いを残しながら洗い上げてくれるものがあります。

反対に悪いイメージ通りの合成界面活性剤もあります。

ですが、合成界面活性剤全てが悪いと思わないようにしましょう。
合成界面活性剤を悪者にしてしまうと石鹸シャンプーしか使うものがなくなってしまいます。

石鹸シャンプーがダメということではなく、選択肢は多い方が良いと思いませんか?
しかも避けていたシャンプーに自分に合ったシャンプーがあるかもしれません。

合成界面活性剤の種類は?

合成界面活性剤には種類があります。

よくアミノ酸系とかベタイン系とか言われているのを見たことがある方も多いと思います。

ここでは合成界面活性剤の種類と該当の成分をいくつか紹介したいと思います。

■高級アルコール系
ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na

■アミノ酸系
ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンK、ラウロイルアスパラギン酸Na

■ベタイン系
ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン

■グルコシド系
デシルグルコシド

■タウリン系
ココイルメチルタウリンNa

■石鹸系
ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス-4酢酸Na

他の分類としては、
陰イオン(アニオン)界面活性剤、陽イオン(カチオン)界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン(ノニオン)界面活性剤といった分類の仕方があります。

シャンプーと頭皮トラブルは関係があるのか?

これだけたくさんのシャンプーが世の中に出回っていて、
はたして本当にそんなに違いがあるのか疑問に思ったことはありませんか?

そもそも、市販のシャンプーを使っていても何の頭皮トラブルもなく、過ごしている人もいるのでは?

そういったシャンプーと頭皮トラブルの関係についての疑問にお答えしたいと思います。

シャンプー選びは頭皮トラブルに影響する?

結論から先にいいますと、シャンプーは頭皮トラブルに影響します。
これはかなりの人が自分の肌で実感していることだと思います。

そうでないと、こんなにたくさんのシャンプーが販売されて、
シャンプージプシーと言われる人たちが出てくるはずがありません。

中には、ただ単に新発売のシャンプーを試したいとか、好きな香りのシャンプーを見つけたいとか、今のシャンプーがなんとなく飽きたからという方もいると思いますが、
多くのシャンプージプシーは自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを見つけるためにシャンプー探しをしています。

それだけ、頭皮や髪に悩みを抱える人が多いということですね。

どんなシャンプーを使ってもなんともないという方も世の中にはたくさんいらっしゃいます。
いわゆる肌が強いという方です。

本当に何も頭皮トラブルが出ないという方もいらっしゃると思いますが、気付いていないだけという方もいるかと思います。

どんなシャンプーを使っても肌トラブルが起こらないからといって、お肌の負担になっていないとは限りませんし、もし、お肌への負担となっているのであれば、肌トラブルという形で表面に表れないよりも、肌トラブルとして表れる方がいいと思います。

体の反応は警告です。シグナルを出して、体に良くないよ!ということを発信しているわけです。
なので、お肌に負担が掛かっているのであれば、湿疹なりなんなり表面化してくれる方が気付きやすいわけです。

実際シャンプーを替えたら肌トラブルが治まったという事例はよく見かけます。

シャンプーは薬ではないので、肌トラブルそのものを治す効果はありません。

それなのに、シャンプーを替えて症状が治まるというのはどういうことでしょうか?
それは、おそらく、シャンプーによるお肌への負担が減ったからということだと思います。

お肌への負担というのは広い意味があります。
シャンプーの成分によるお肌への刺激もあれば、洗浄成分によって皮脂を奪い過ぎてお肌が乾燥するという負担もあります。

とにかく、元々使っていたシャンプーと比べ頭皮への刺激が減った、もしくは、頭皮の潤いを守れるようになった、ということで肌トラブルの原因となっていたことが解消されて、根本からの肌トラブル対策となったということです。

シャンプーが頭皮に及ぼす影響の種類

それでは、シャンプーが頭皮に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

○シャンプーに配合されている成分一つ一つのお肌への刺激
○洗浄成分の脱脂力の強弱による頭皮の潤い
○保湿成分による頭皮の保湿力
○シャンプーに配合されている成分が肌に合う合わない

だいたいこのような4つに分けられると思います。

こういった頭皮や髪に与える影響を考え、
できる限り、適度な脱脂力、高い保湿力、お肌に優しい成分、成分の配合数が少ないシャンプーを選ぶことが頭皮や髪のトラブルを予防するためにおすすめです。

誰にでも合うシャンプーというものは存在しません。
アレルギーなどもあるため、どんなに良いシャンプーであってもお肌に合わないことはあります。

また、同じシャンプーを使っていても、日々の生活習慣の変化やストレス、睡眠不足、食生活の変化などによってもお肌の状態そのものが変わる為、急にいつもと同じシャンプーなのに、湿疹ができたとか、痒くなったというようなことが起こりえます。

肌トラブルの原因が全てシャンプーではありませんが、シャンプーが頭皮トラブルにつながることは十分考えられます。

髪や頭皮のトラブルにお悩みの方のためのシャンプー選びガイドです。髪や頭皮に優しく、ご自身の髪や頭皮に合ったシャンプーを見つけるための参考にしてください。